2014/07/08

【Photoshop】トゥイーンで滑らかなGIFアニメーション作成

カクカクしたGIFアニメーションではなくて、滑らか~な動きをするGIFアニメーションが作りたい!

というわけで、今回はフォトショップのアニメーション、トゥイーンを使って作る滑らかなGIFアニメーションをご紹介いたします♪

トゥイーンって何??

トゥイーンってどういう意味??
と思うかもしれませんが、トゥイーンはbetweenからきた造語なのだそう。
アニメーションの動き始めと動き終わりを指定すると自動的にその間を作ってくれるという便利なものなんです!

文字で説明しても、どういう意味??と思うかもしれないので、実際にトゥイーンで作ったGIFアニメーションをご覧ください☆

というわけで、ここからはトゥイーンを使った滑らかなGIFアニメーションの作り方をご紹介していきます。

1. アニメーションの始まりと終わりを作ろう!

まずはアニメーションの始まりと終わりの画像を作成します。
今回はこのような、微妙に色味なんかが違う2枚の写真を用意しました。

2. アニメーションパネルを開こう!

まずはウィンドウ→アニメーション
アニメーションパネル(フレームモード)を開きます。

アニメーションパネルを開いたら上の画像、アニメーションパネルの赤く囲ったアイコンをクリックでレイヤーを一枚追加し、1枚目を動き始めの画像、2枚目を動き終わりの画像にします。
ちなみに画像はレイヤーの部分で表示変更をすることができます。
※このときループは無限にしておいてください。

3. トゥイーンを使おう!

動き始めと動き終わりを指定したらアニメーションフレームをトゥイーンします。
トゥイーンは上画像の赤く囲ったアイコン(○が連なっているみたいなの)をクリック→OKで自動的に作成されます。
追加するフレームの枚数は今回は5にしていますが、お好みで3とかでも良いかも!

これで1枚目から2枚目の画像の間を自動的に作ることが出来たのですが、このままでは2枚目から1枚目に戻る際滑らかなアニメーションではなくなるのでレイヤーを追加し、先ほどと同じように2枚目から1枚目のトゥイーンを作成します。
作った後は一番最後の画像は削除してもOK!(1枚目と同じ画像なので)

4. アニメーションを確認しよう!

最後に真中の再生をクッリクして動きを確認しましょう!
問題が無ければGIF形式で保存をして、トゥイーンを使ったGIFアニメーションの完成です☆

※CS5での方法なのでバージョンによって異なる場合があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿